EPスーパーピコナノウォーターだけで栽培テストを試みました。 土壌トマト栽培テスト報告します。

試験概要

試験場所:兵庫県三木市弊社敷地屋根付きガレージ化(*横風の雨日は降り注ぐ) 試験品種:中玉フルーツトマト (市販苗販売品 *ホームセンター 1苗 198円) 栽培方法 :  市販腐葉土だけの栽培で、散水のみとする。

試験方法

慣行区、試験区とも培地、肥料、追肥なし。 試験区、慣行区ともに培地、肥料、追肥なし。 散水方法:慣行区と共に、表面が乾いた時期に水道水と共に、試験区は特殊酵素EPA-11を1000倍希釈から500倍希釈して株あたり、同適量を約7日間隔で継続

試験開始 2015年5月20日(植え付け日)~

試食レポート: 試験区のトマトは、私が少年時分に食べた懐かしい味がほのかに甘くしました、水道水はスーパー食べている味で直ぐに落差が実感できました。

7月15日テスト栽培現状 7月15日糖度計で測定試食